JOC認定アスリートトレーニングに参加

JOC(日本オリンピック協会)認定トレーナーからの、バドパフォーマンスアップのトレーニング

バドミントンをはじめてようやく2年が経ちました。長かったような短かったような。

 

自分が、上達したな、と感じたのは2回。その時に階段を2段上がったと感じました。

 

ところが最近はどうも上達度合が鈍化し、初中級〜中級以上に進めていない自分を感じています。

 

ではどうしたらさらに上級に近づくことができるのか。

 

そのキーとなるのは、体幹、筋力、柔軟性です。(と断言しちゃう)

 

というのは、スマッシュにしてもクリアにしても、肩甲骨の開き具合や筋力が球のスピードや飛距離を左右しますし、ロビングやレシーブにしても足を大きく開いてシャトルを拾うには柔軟性が重要です。あと一歩でシャトルに届かなかった、なんてことはしょっちゅうあります。

 

上級レベルの人で、体の硬い人はいませんし、肩甲骨が開けない人もいませんし、体幹にいたっては言わずもがな。

 

ですから、これらの基礎トレーニングを積むことが、上級に近づくために必要なことだ、と思ったのです。

 

今までは、素振りをやらなくちゃ、とか、フォーム固めとか、ステップを踏むこと、とかどちらかというと、技術的な面の強化をしようと思っていましたが、それと同時にやらなければいけないのが、体幹、筋力、柔軟性を養うための基礎トレーニングなのです。

 

そんなことを思っていた矢先に、友人から面白いバド練習会があるよ、と誘われて参加したのが本日のトレーニングです。

 

教えてくれたのは、JOC(日本オリンピック委員会)認定トレーナーにで整骨院もされているA氏

 

バドミントンのパフォーマンスアップのための基礎トレーニングを行いました。

 

関節というのはひとつの関節を動かそうと思ったら、必ず他の関節も関係しています。
それらのつながりを意識しながら体を動かしていきます。

 

肩甲骨は、バドミントンをやっていない人でも、肩こりの解消にも役立ちます。
簡単なものならこんな動画も発見しました。これは簡単。わかりやすいプレゼンなので、すぐにできちゃいます。

 

実際のトレーニングでは、尾てい骨まわりの関節を動かす、大腿骨周りの関節、肩甲骨周りの関節などを動かしながら、スムーズに体を動かせるようにトレーニングを行いました。

 

動かし方は激しいものではなく、イメージ的にはピラティスのような感じです。
ところが小一時間もやると、もう汗がだくだくでくったくった。
それほど動かしていない、と思った体も、翌日は全身筋肉痛でした。

 

ひえ〜。

 

今回のトレーニングに参加して、再認識したのは、私は体が硬い、ということ。

 

たとえば握手の形を背中でできますか? これは肩甲骨周りの柔軟性を確認する方法です。
バドミントン 柔軟性

 

私の、バド仲間の70代の方は、これがちゃんとできます。しかも背中のずいぶん上のほうで握手して、ぴったりと手のひらを合わせることができるのです。

 

私は、というと、背中のずいぶん下のほう、お尻の近くでしかそれができないんです。しかも、手のひらをぴったり合わせられず、三角を作ることしかできません。

 

がーん。

 

改めて、ああ、私は柔軟性が足りないんだ、と思いました。それにしても70代のおばさんに負けてしまうとは、情けない。

 

これだけでも、もっと基礎トレーニングをやる必要性を強く感じました。

 

バドミントンをもう少しうまくなりたいなら、柔軟性、体幹、筋力。このみっつは必須ですわ。

 

上級目指してがんばるぞ
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

【動画】体幹トレーニング(プランク)、わずか1日10分間!
最近体幹トレーニングの重要性をひしひしと感じている私。簡単にできて、しかも効果抜群のプランクをやることにしました。
強くなる人だけができる、アジリティドリルとバービートレーニング 中学バド部
息子の中学が、公立中学だけど関東大会に出場決定しました。いよいよ明日から大会なのですが、息子が普段やっているトレーニングでは、聞きなれない言葉がたくさん。
ウォーミングアップで、やりがちな失敗って
バドミントンはいきなりはじめちゃだめ、ってことは誰でも知っているのですが、間違えたウォーミングアップをやってしまいがちです。
とんでもないお宝動画 長友選手の体幹トレーニング
なんと、バドミントン用トレーニング動画を探していたら、とんでもないお宝映像を発見してしまいました。しかも動画再生数が少ないのです。でもこれ、相当ハイレベルの動画です。みんな見て!
股をもっと広げたい時に読む本
たまたま本屋さんに立ち寄ったら、ひたすら股関節を広げるためだめの本が売っていました。 へえ、こんな本いままで見たことがなかった。題名は、ベターっと開脚
ガチで体幹を鍛えるための運動
バドミントンをやっている時には、体幹がとても大切なことにいつも気が付かされます。今まで体幹ってどこにあるのかわからなかったのですが、鍛えることになって初めて体幹を意識することができました。