役に立つバドエクササイズ

股をもっと広げたい時に読む本

なんだか、本日は変なほうに誤解されてしまうようなタイトルになってしまいました。股をもっと広げたい人が読む本、まさにそうなのです。

 

バドミントンって、股関節がやわらかければやわらかいほど有利ですよね。
これは、バドミントンを始めた人なら誰でも思うことです。

 

体が硬いと良いショットは打てないし、特に守備体制になった時に打ち返したり拾ったりするのも大変です。

 

バドミントン教室でも必ず股関節を広げるための準備体操を行います。

 

でもそれだけじゃなかなか柔らかくはなりません。

 

昨日、街をぶらついていて本屋さんのショーウィンドウにずらーっと並んでいた本に目がとまりました。

 

それがこの本です。

 

 

 

そのもの、ずばりの本。わかりやすい。

 

パラパラとめくってみたら、とにかくベターっと開脚できるようにするための、普段誰でもできるエクササイズが書いてありました。

 

でも実際にめくってみると、無駄な小説が入っていたのと、エクササイズ自体の種類はそう多くはないので、本を買って読むほどのことではないのかもしれません。

 

後ろのページのほうには、実際に開脚のトレーニングをやってベターっとつくようになった人たちの体験談もありましたが。

 

そんなわけで、この本はアマゾンでの評価はあまりよくありません。

 

そんな時はyoutubeが役に立ちますよ。作者の方が実際に行っているエクササイズを動画で見ることができます。

 

 

こちらも参考になるかも。

 

私が教室で教えていただいているコーチの一人は、74歳の女性ですが、あまりにも元気なので、その年齢には見えません。とても若く声も大きく、そしてなにより体が柔らかいのです。

 

もちろん彼女は開脚してベターっとつきますし、開脚した状態で、両肘を床につけてそこに顔を乗せることもできます。
最初は全然できなかったそうですが、74歳にしてあの柔らかさ。

 

だから、誰でもできるだろうと思います。きっと。

 

奥原選手の体の柔らかさは知っていますよね?

 

足の開脚、前後に開いてベターっと床面につくことができます。

 

奥原選手の股関節の柔らかさ

 

さあ、今日から、開脚のトレーニングをしてみましょう。きっと一年後にはベターっと開脚できているはず。
私も毎日やってみようっと。

 

上級目指してがんばるぞ〜。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村私のブログよりもっと面白いバドミントン情報満載ページへ飛びますよ。

 

足汗用・制汗ミスト【足サラ】

 

お勧めの制汗スプレー
急速分解消臭のヌーラ・デオルの「いい快互服ドットコム」

 

バドミントンラケットがほしい時は、バドミントンの選び方

 

お勧めのバドミントン専門ウェブショップ

 

 

変わったシャトル

 

バドミントンの本セレクトショップ(アマゾン)

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

【動画】体幹トレーニング(プランク)、わずか1日10分間!
最近体幹トレーニングの重要性をひしひしと感じている私。簡単にできて、しかも効果抜群のプランクをやることにしました。
JOC認定アスリートトレーニングに参加
本日は体の可動域を広げたり、関節をやわらかくするために、JOC(日本オリンピック)の認定トレーナーにコーチングしてもらいました。
強くなる人だけができる、アジリティドリルとバービートレーニング 中学バド部
息子の中学が、公立中学だけど関東大会に出場決定しました。いよいよ明日から大会なのですが、息子が普段やっているトレーニングでは、聞きなれない言葉がたくさん。
ウォーミングアップで、やりがちな失敗って
バドミントンはいきなりはじめちゃだめ、ってことは誰でも知っているのですが、間違えたウォーミングアップをやってしまいがちです。
とんでもないお宝動画 長友選手の体幹トレーニング
なんと、バドミントン用トレーニング動画を探していたら、とんでもないお宝映像を発見してしまいました。しかも動画再生数が少ないのです。でもこれ、相当ハイレベルの動画です。みんな見て!
ガチで体幹を鍛えるための運動
バドミントンをやっている時には、体幹がとても大切なことにいつも気が付かされます。今まで体幹ってどこにあるのかわからなかったのですが、鍛えることになって初めて体幹を意識することができました。