バドダブルスの時のサービス順番

ダブルスの時のサービスの順番

これ、初心者にはなかなか覚えられない項目なのですよ。
私もど初級の時、全然わからなかった〜。

 

ここでしっかり覚えましょう〜。

 

まず、最初にコートい入る時、自分がフォア側に立ったとしましょうね。
で、ゲームが始まって自分がまずサービスをします。
勝てば1点入るので、次は同じく自分がサービスを打ちますが、立つ位置はバック側(左側)から相手コートのバック側に入れます。
また勝てば、2点なので、次はまたフォア側から打ちます。

 

というようにフォア、バック交互に打っていきますが、その時の自分側の点数が偶数の時(0,2,4,6・・・)の時は、必ずフォア側から打ちます。で、奇数の時(1,3,,5,7・・・)はバック側から打ちます。
これで間違えないですよね!

 

さて、もし最初に自分がミスして相手側に1点入ってしまった時は、0対1となり、相手のバックの人がバックにいる人に対してサービスを打ってきます。もし相手がさらに1点入れれば0対2、今度はその同じ人がフォア側から自分たちのフォア側(つまりこの場合は自分)に打ってきます。この時注意なのは、自分は移動する必要はなく、そのままの状態でサービスを受けます。

 

で、相手がミスして点数は1対2になった時、次は自分たちのサーブ。この時が間違えやすいのです。でも先ほどの原則をわかっていれば(つまり自分たちの点数が奇数の時はバック側から打つ)簡単。
自分がミスして相手にサービス権を取られたら、次に自分たちにサービス権が戻ってきたときは、自分ではなく、ペアの人が打ちます。つまりサービスは交互に打っていくわけね。その時の点数が奇数ならバッグ側から打ちます。
そのあと、たとえばサービスをミスしてしまい相手に点数が入り、3対1となれば、相手のバッグ側の人のサービスとなります。こちら側は左右入れ替わることはなく、そのまま自分のペアの人が相手からのサービスをバッグでレシーブします。

 

これでわかりましたかね〜?

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

コートの広さって?
コートの広さ、大きさ
サービスの時のルール
サービスの時には知っておくべきいくつかのルールがありますよ。