間違いやすいバドミントンルール(ゲーム)

サービスの時のルールまとめ  やるべきこと やってはいけないこと

さて、バドミントンのゲームはまずサービスからスタートします。
サービスが入らないとゲームが成り立たないから、とっても重要なことなのですが、初心者はどうもサービスの時に間違ったことを結構やっちゃってます。
おちゃらけゲームならいいかもしれないけれど、少しでもうくまくなりたいな〜と思いながら練習している私たちにとって、ゲーム練習は大切ですよね。

 

正しいやり方でサービスをすることで、大会や試合に出た時も赤っ恥をかかなくてすみますよ。
特に初心者が間違いやすい、勘違いしているものからまとめてみました。

 

サービスの時、境界線を踏んではいけない!

サーバーとレシーバーは斜めに向かい合ったサービスコート内に立ちます。境界線から足が前に出ていたりしてはいけません。またラインを踏んでいてもいけないのです。ほんのちょっとでも出ていたら、すかさず審判からペナルティをくらい、相手方に点数がはいっちゃう。

 

 

ダブルス→縦が短く横幅が長い、シングルス→縦が長く横幅が短い!


これ、初心者にはとっても間違えやすいです。ダブルスは縦のラインが一番外側(奥)ラインだと勘違いしている場合があるので注意してね。横幅はめいっぱい使えます。
ただしこれはサービスの時だけ。サービスが終われば、縦のラインの有効なコートは一番外側になります。

 

 

シングルスのサービスラインは縦が長く、横幅が短い!

 

 

 

サービス時、両足の一部がコート面に接していること

つまりサービスをしている時に、ジャンプなどをして、両足がコートについていない状態で打ってはいけないってことよね。

 

 

シャトルのコルク部分だけしか打ってはいけない 

羽根の部分だけを打つサービスはルール違反。気を付けてね。

 

自分のウェストより上でシャトルを打ってはいけない

ウェスト(肋骨の一番下の部分)より下で打つことが大原則なので、胸の前あたりで打ったりするとフォルトになって相手の得点になってしまいますよ。注意注意。とにかくシャトルがウエストより下になっている状態から打つことね。
ウエストの高さとは肋骨の一番下の部位の高さで、胴周りの仮想の線。

 

シャトルを当てる時、ラケットは下向きでなくてはいけない。

ラケットが水平だったり、ラケットが上向きだったり(そもそもこれは打てませんね。)するとアウトです。気を付けて。

 

シャトルがネットに触って相手コートに入った場合はセーフ!

テニスの場合はネットに触れて入った場合はやり直しですが、バドミントンはオーケーなのでそのまま続けます。

 

シャトルを空振りした場合はフォルト! 

この場合は相手方に1点入ってしまいます。 残念。

 

シャトルがフレームに当たっても入ればオーケー!

シャトルがラケットのフレームに当たってしまった場合でも、シャトルが相手コートに入ればオーケーです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

コートの広さって?
コートの広さ、大きさ
ダブルスの時のサービス順番
バドミントンのダブルスの時のサービスの順番