プロ選手【試合に心がけること】

プロ選手が試合前に心がけていること

グー・ジャーミンさんが、試合前に心がけていたこと

 

グー・シャーミングージャーミン

試合と考えるととても緊張してしまいますので、私は試合会場のコートを”表現の場”としてとらえることにしていました。これまで一生懸命がんばってここまで歩いてきた。その道の周防克の場だから、やってきたことをそのまま出せばいいんだと考えたのです。そう思うと勝負も楽しくなりました。
皆さんも「私を見て。私はここよ。」と思ってコートにたってみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

スマッシュレシーブのコツがわかった
今までなかなかスマッシュ?レシーブがちゃんと打ててなくて、そのたびに悩んでいましたが、今日コーチに、フォームの確認を行ったところ、間違った打ち方をしていることがわかりました。そっか、これだったんだ。
スピンネットを確実に入れるやり方を教わったよ
スピンネットってなかなか実際のゲームの時にうまくはいらないんだよな〜。でも今日、コーチから確実に入れられそうなやり方を教わったわよ。それをシェアしますね。
上手くなるための、4段階の基礎打ちとは
基礎打ちは誰でも最初にやる、ウォーミングアップのようなもの。いい加減に打っていない?これって、やり方次第でいくらでも上達のヒントがあるんだよ。
絶対勝てる ダブルスサイドバイのポジショニング
ダブルスのレシーブのポジションはサイドバイ。でもそのサイドバイは、ただ開いていればいいというわけではありません。同じ箱にいる、ということがポイント。