スマッシュレシーブのコツがわかった

スマッシュレシーブの打ち方、そっか、私はこれが間違えていたんだ

本日の初級者対象のバドミントン教室では、スマッシュレシーブの練習をしました。

 

私の、苦手なショットのひとつ、スマッシュレシーブ。

 

レシーブは打てるもののどうしても高く奥に飛ばすことができません。

 

今日はフォームのところからしっかり学ばせてもらいました。

 

そうしたところ、私のフォームで、決定的に間違えていたところがありました。

 

それは、構えの構え方、そしてその後に腕を縮める、縮め方です。

 

全然違ってました。

 

 

レシーブの構えのフォームは、両方の腕を胸のあたりでハの字に構える、これが正しい構え。

 

私はハの字はまったく意識していなくて、さらに胸よりもっとずっと下で構えていました。

 

本来ならもう少し上で構えます。

 

 

次にレシーブを打つ直前の腕の曲げ方がまったく違っていた!

 

打つ時は、自分の前に空間を作って、そこからラケットをくるっと回して打つのですが、その時のラケットをくるっと回す直前の、腕の引き方が重要です。

 

私はシャトルを打つ直前に腕を曲げる時、どちらかというと自分の体の右側にラケットをひいて腕を曲げ、そこから腕を前に伸ばしてシャトルをとらえていました。

 

それはまったくの間違い。

 

ポイントは、腕を引いて曲げる時、自分の体の内側に向かって引く、ということでした。ちょうどみぞおちより少し下ぐらいを目ざして腕をひいて曲げ、そこからラケットを外側にくるっと回してシャトルをとらえます。

 

そっかー、これだ、これだ。 高橋や松友選手や他の多くのバドミントン選手がやっているレシーブの打ち方。
バドミントン レシーブ

 

実際に、教わった打ち方でレシーブをしてみました。

 

そしたら、あなた、なんと、今までとは全く違う、勢いのある飛び方で、しかも、しっかりとラケットの芯でシャトルをとらえている感じがものすごくしています。

 

これだ、これだ、この打ち方だ!!!

 

 

よっしゃ、もう少し練習して、自分のものにしよう。

 

上級目指して頑張るぞ〜。ファイト―オー!!!(と、自分を奮い立たせる)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

スピンネットを確実に入れるやり方を教わったよ
スピンネットってなかなか実際のゲームの時にうまくはいらないんだよな〜。でも今日、コーチから確実に入れられそうなやり方を教わったわよ。それをシェアしますね。
上手くなるための、4段階の基礎打ちとは
基礎打ちは誰でも最初にやる、ウォーミングアップのようなもの。いい加減に打っていない?これって、やり方次第でいくらでも上達のヒントがあるんだよ。
絶対勝てる ダブルスサイドバイのポジショニング
ダブルスのレシーブのポジションはサイドバイ。でもそのサイドバイは、ただ開いていればいいというわけではありません。同じ箱にいる、ということがポイント。
プロ選手【試合に心がけること】
プロのバドミントン選手が試合に勝つために心がけていることをまとめました。