スピンネットを確実に入れるやり方を教わったよ

スピンネットを確実に入れるやり方は、エルからのアイ

本日はスピンネットを確実に、しかも非常に上手に入れるやり方を教わりました。

 

実際にやってみたら、めっちゃ入る。

 

しかも、ネットすれっすれに確実に入れることができる。
バドミントン ヘアピン

 

これがもしちゃんと試合の時にも入れることができたら、相手は絶対に取れないと思いますわ。

 

では、そのやり方をお伝えしますね。

 

そのポイントは肘(ひじ)。

 

そしてその形は、英語のL(エル)。

 

このエルの形にしてから、シャトルが当たる時には、それがまっすぐになり、英語のI(アイ)の形になります。

 

うーむ。

 

文章で説明するとめっちゃわかりずらい〜。

 

 

エルの形、というのは、
手首を曲げた時の状態が、英語のエルみたいになっている、ということ
手首を90度に曲げた先にラケットがありますね。

 

このラケットから手首を曲げた線がちょうどエルの字になっているわよね。

 

で、そこから、ラケットをネットのほうにまっすぐに差し出すと、ラケットの先端から肘までが一直線になるから、英語のI(アイ)みたいになるでしょ?

 

そのことを言っています。

 

これを意識してやると、全部キレイにネットすれすれでスピンしながらポトンと落ちるだよね。

 

これ、本番でこんなにキレイに入るかどうかは別として、練習の時は、ほぼほぼ100%入りましたわよ。

 

コツは焦らずゆっくり、エルからアイに持っていくこと。そしてなるべくネットの高いところで打つこと。

 

スピンネットは、L(エル)からのI(アイ)、これを忘れずにやってみよう〜。

 

上級目指してがんばるぞ〜。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

スマッシュレシーブのコツがわかった
今までなかなかスマッシュ?レシーブがちゃんと打ててなくて、そのたびに悩んでいましたが、今日コーチに、フォームの確認を行ったところ、間違った打ち方をしていることがわかりました。そっか、これだったんだ。
上手くなるための、4段階の基礎打ちとは
基礎打ちは誰でも最初にやる、ウォーミングアップのようなもの。いい加減に打っていない?これって、やり方次第でいくらでも上達のヒントがあるんだよ。
絶対勝てる ダブルスサイドバイのポジショニング
ダブルスのレシーブのポジションはサイドバイ。でもそのサイドバイは、ただ開いていればいいというわけではありません。同じ箱にいる、ということがポイント。
プロ選手【試合に心がけること】
プロのバドミントン選手が試合に勝つために心がけていることをまとめました。