バドやってみた!

全日本総合バドミントン選手権大会に行ってみた

バドミントンの日本一を決める大会、全日本総合バドミントン選手権大会に行ってみました。

 

そして生の高橋選手松友選手もばっちり目の前で見ることができました。感動〜。

 

2016年度は(いままでも毎年そうですが)、代々木体育館で行われています。
場所は、第二体育館。

 

いままで二回ほどバドミントンの大会を観に行きましたが、初めていかれる方は、ぜひ事前に知っておくと便利なことがありますので、私の経験をまじえてお伝えしておきます。

 

大会のタイムテーブルはこうだ

まずこの大会は月曜〜日曜まで開催されています。
月曜日は予選。
火曜日から本戦、この日は第一回戦
水曜日は第二回戦
木曜日が第三回戦
金曜日が第四回戦
そして、土曜日が準決勝
日曜日が決勝、という流れです。
月曜〜木曜までは朝9時から入場できます。選手たちは9〜9時50分まで練習しているので、練習風景をみたい方は月曜、火曜、水曜、木曜の9時に行くのがベストです。
月から木は8時50分から時から、金曜は11時から、日曜は9時から入場できます。

 

私は水曜日の第二回戦に足を運びました。

 

観戦費用は本戦のウィークディはオール1000円で、居たいだけ居ることができます。入口でチケットを購入します。(予約はありません。) 週末の準決勝、決勝は2000円で予約(前売り1500円)することもできます。

 

館内で飲食はできる?

たとえばお昼を食べたいなら、この第二体育館内には休憩スペースも食事スペースもないので、外で食べてくるか、どこかで買ったり持ってきたりして観戦中に食べるしかありません。
館内は飲食禁止とは書いていないので、見ながら食べても大丈夫みたい。

 

私はおにぎりとあたたかいお茶をミニボトルに入れて持っていきました。それとチョコレートやナッツ、ドライフルーツなど。
これは大正解。
まず代々木体育館周辺(特に第二体育館周辺)には、お店らしいお店はありあせん。渋谷方面から来たら、NHK入口前の交差点の角にデイリーマートがあるので、買いたい人はそこで買うことをお勧めします。


どちらにしても中で食べたい人はお弁当を持参したほうがいいと思います。
体育館を入って右に小さなショップがあるので、そこで飲み物(コーヒーなど)を購入することができます。

 

 

代々木第二体育館でのバドミントン観戦のコツ

ドローは前日までの試合結果は、全日本総合のサイトで速報を見れば前日までの結果が掲載されています。
当日のドローやタイムテーブルはわからないため、当日行ってから、壁に張り出されているものを見るしかありません。

 

私はどうしても高橋、松友選手の試合を見たかったので、もし朝いちばんでやってしまったらどうしようと思い、10時前までに到着するように行きました。

 

実際の彼女たちの出番は12時40分でした。

 

他の曜日はわからないのですが、少なくても二回戦のタイムテーブルは、朝いちばんは女子シングルス、次に男子ダブルス、次に女子ダブルス、次に男子シングルス、混合ダブルス、という順でした。

 

だから奥原や山口選手をみたかったら朝いちばんにいくことをお勧めします。

 

 

コートの場所と座る場所のコツ

試合は次から次へと全6コートで行われるので、お目当ての選手が行われる試合コートの近くに席を移動しながら見るとよいですね。

 

ただし、残念なのはコートのまわりをぐるっと囲んでいる観客席は円形なので、どこに座っても、手前のコートの全体が見れません。どうしても手前端のほうが欠けてしまいます。中央コートはそういうことはないのですが、私がお目当ての奥原、山口、高松ペアは全部第一コートでプレイしていたので、はじっこでした。

 

有名選手やランキングの高い選手の試合はだいたい第一コートの場合が圧倒的に多いですよ。
というのも、まずマスコミの人たちがコートの目の前でバシャバシャ写真を撮ったり撮影したりしていますので、どうしても端のコートのほうが都合がいいのです。そもそもドローは、ランクの高い順からドローの左右の上と下に配置されるため、コート順も左端の場合圧倒的に1番コートです。

 

1番コートは、正面玄関から入って階段を下りて右側のほうなので、そこの一番前か二番目くらいの席で見るのが一番見やすいです。
ただ、代々木体育館(本館のほう)よりも見にくいので(どうしても上から見下ろす感じになる)、全体を見たければ観客席の上のほうから見るのがいいです。ただし当然ながら選手が遠い〜。
でも近くで見ると端っこが欠ける〜。どっちをとるかといったらやっぱり近いほうがいいので、私はなるべく下の席に座ります。

 

もっと選手を身近に感じたかったら毎年9月に行われるヨネックスオープンに観戦に行かれることをぜひぜひお勧めします。

 

 

その他のちょっとした、あると便利なものとちょっとしたアドアイス
あると便利と思ったのは双眼鏡。

双眼鏡は今やとても小型で性能もとてもよくなっていて、遠くの選手を見たい時はすごく便利なんです。

ちょっとした表情とか、サインの出し方とか、休憩中の様子とか、そういうのをちょっと見たいときにすごく役立ちます。
かばんやポケットに入れておくのにコンパクトサイズもたくさん出ているので、一台持っておくと便利です。

私も持参して時々楽しんでいました。
お勧めはこれです。Vixen(ビクセン)シリーズの双眼鏡。8倍ズームでとにかく他のメーカーのものより明るいんです。左右の視力調整もちゃんと別々にできます。私はメガネを付けているのですが、メガネのままでも快適に見ることができます。本当にでっかく見えるよ。


 

 

重宝するひざ掛けとランチクロス

11月末から12月はだいたい寒いです。体育館は暖房は入っているものの、足元は冷えます。
特に女性、冷え性の方は、足にかける軽いひざ掛け、ストールなどを持参すると重宝します。

特に長時間集中して観戦したいという人には必需品かも。

 

それからランチを観客席で食べる人は、細かい話ですが、膝の上に乗せられる程度の大判のハンカチやランチ用マットを持参すると洋服がよごれなくて重宝します。
パン屑をこぼしたり、ちょっとした汁を膝の上にこぼしてもいいようにね。コーヒーなどを飲むときもちょっと膝の上に何かをかけておくと安心です。 ハンカチならかさばらないので、そういったものを膝の上にかけておくと良いですよ。

 

 

おやつ

そんなもの必要ない、と思ってもやっぱり重宝します。観戦するって意外に大変なのですよ。
だってずーと椅子に座っているんだもの。疲れますよ。そういうときに飴、クッキー、チョコレート、ナッツ類、ドライフルーツ類など、ちょっとつまめるものを持っていくとやっぱり重宝します。友人と一緒に観戦する時もお互いに交換しあったりして楽しい〜。

 

私はドライフルーツとナッツを小さなタッパに詰めて持参しました。本当に持っていってよかった〜。

↓これ、お勧めの無添加ミックスナッツです。腐るものではないので、たくさん買っておいても一年は持つよ!!お得。

 

持参するランチはやっぱりおにぎり とくにおにぎらずがお勧め

お金の節約をしたいからランチは自分で作って持っていきたい、という方。おにぎりがお勧め。
片手で好きな時に食べられるし、少しだけ食べて残しても、またあとから食べられるし。量の調整もしやすいでしょう?おかずを入れたいなら、おにぎらずがいいです。

 

無理におかずを別なタッパに入れて持っていっても観戦しながらだと難しいです。なのでおにぎりの中に具を入れちゃっても美味しい”おにぎらず”は本当にお勧め。
これこれ↓すっごく簡単に作れちゃう!!!

 

 

最後にちょっとしたアドバイス

全日本総合はそれほど有名な大会じゃないです。残念ながら。バドミントンは最近結構メジャースポーツになりつつあるので、いずれはお客さんもたくさん入る大会になるかもしれませんが、私が今回行った感じでは、普通の日はやっぱり結構スキスキです。

 

で、ですね。バドミントンファンの方はぜひ1階のトイレにはひんぱんに行ってください。というのは1階ロビーはすごく狭いのですが、選手たちがうろうろしているんです。たまにおにぎりをほおばっている姿も見れます。場合によってはトイレに入ってかちあっちゃうこともあります。
私は松友か高橋がトイレを利用しないかな〜と思いながら行ったのですが、残念ながら見れませんでした。
でも、名前の知らない、ヨネックスの選手がトイレを利用していました。

 

選手を本当に間近に見られるので、1階ロビーとトレイ周辺をうろつくと真の彼らの姿が見れますよ〜。

あ、そうそう、審判たちもうろうろしています。
とにかく、審判はとっても多いです。

 

なんせひとつのコートに三名入るし、同時に6つのコートが試合をしています。ということはコート内にいる審判は18名、そして毎回交代するので、36名いらっしゃるということになります。
その審判たちもロビーにいるのでごったがえしています。プラス、マスコミもいますからね。

 

ちなみに私たち一般客が入る入口の部分は2階ロビーになります。
トイレはその階ではなく、客席に設けられている階段を下に降りたところに1階トイレや狭いロビーがあります。
お間違えなく!

 

交通アクセス

渋谷駅から徒歩10分ぐらいで到着します。ハチ公口から西武デパート方面に向かって行き、丸井の交差点を左に。坂を昇っていきます。5分ぐらいかな。登り切ったところの交差点の左前方がNHK、右前方が代々木体育館です。その交差点の右のほうにデイリーマートがあるので、コンビニで何か買いたい人はそこがお勧め。そこが体育館からもっとも近いコンビニです。ランチするならそのあたりにデニーズやモスバーガーがあります。

 

交差点を渡って右にまっすぐ進む(坂を下る感じ)と、50mぐらいに代々木体育館と書いた門があります。門を入ると道が左右に分かれているので、左のほうの道に行って、最初にある左方面の階段を上ると、登り切って左側に第二体育館があります。
渋谷駅から余裕をもって徒歩15分ぐらい見ておくといいと思いますよ。

 

では行ってらっしゃ〜い。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

シャトルがもったいないので、修理してみたんです。
1本だけ羽根が折れちゃって、でもまだまだ使えるすごくもったいないシャトル。どうにかならないかな、と思ってずっと取ってありました。で、思い切って本日、シャトルの修理をしてみたのです。
第一回横浜シニアバドミントン大会に行ってみた
横浜シニアバドミントン大会が開催されました。2017年2月24,25日の二日間開催です。初日がダブルス、2日目はミックスダブルスです。年齢は40歳から5歳刻みに75歳まで。
スコアシートを初めて書いてみた
バドミントンの試合に必ず登場するスコアシート バドミントン教室でシートの書き方を教えてもらいました。
超お勧め!【負ける人は無駄な練習をする】
とにかく何でもチャレンジ。バドミントンを自分なりに研究する中で皆にシェアしたいこと!
ヨネックスオープン2016 早川遠藤が負けた本当の理由
ヨネックスオープン(2016年9月19〜25日)は、リオオリンピック直後の大型試合。トップ選手がずらり。オリンピック選手もたくさん来日していて、もう昂奮!日本人も大活躍したバドミントン選手がほぼ全員出場していて、東京体育館もすごい人でした。
バド読んでみた!バドミントンボディ革命
バドミントン用の本の中でもこの本【バドミントンボディ革命】、これ、すごく役に立ちます。基本事項から悩み別まで、本当にわかりやすい。何より書いた人が理学療法士ということで信頼度が高いです。
勝つイメージを持続するためにやってみた
少し打てるようになり試合に勝つことができるようになると、その感触をずっと持っていたい、と思うようになります。勝つイメージを持ちづけたい時はどうしたら
ワンコインレッスンやってみた
噂のワンコインレッスン、どんなことをやっているのか、具体的にご紹介します。参加する前の参考にしてみてくださいね。
ミスボンさんのテレビ 再度観てみた
ミスボンシデクさんが東京都の大森第二中学で一週間のバドミントン男子部員を指導した様子のテレビ、もう一度新しい発見がないか、再度観てみました。
高橋、松友選手の真似
世界No.1のバドミントン女子ペア、高橋、松友選手。しょっちゅう動画で彼女たちの試合風景などを観ているうちに、真似したくなりました。
オリジナル得点表を作ってみた!
自主練の時のゲーム、口頭で数えると間違えちゃったりするので、簡易得点表を作ってみました
動画を参考にチャイナステップをやってみた
チャイナステップを動画を参考にして実際にやってみました。
西東京総合体育館に行ってみた
体育館に行ってみた、大会に行ってみた、などバドミントン関連の【行ってみた】シリーズ