動画を参考にチャイナステップをやってみた

動画を参考にチャイナステップやってみた

このサイトにも紹介しているチャイナステップ、なんといっても実業団選手がやっているフットワークトレーニングなので、初心者の私も、早くうまくなるために早速まねしてみました。
画面で見る限りはすんごく単純な動きのものばかりなので、私でもできる、と思ったのが甘かった。

 

実際にやってみるとわかるのですが、これ、超キツイ!!!

 

しかも、あんなに速くできない!!!

 

あなたはできますか?

 

同じようにできれば、あなたは相当うまいプレーヤーに違いない!

 

フットワークはこうやって鍛えるんだ、というよい例なので、もしフットワークをもっと軽くしたい、と思っている人は日ごろのトレーニングメニューに入れるといいかもよ〜。
これです、これ
↓↓

ドライブの打ち方 基本中の基本をやってみた

こんにちは、
頭のほぼ85%ぐらいはバドミントンで占められている、管理人、樹里です。(残り15%は大好きな、食べることよ。オホホ)

 

週に一回、地元のバトミントン教室に通っているのですが、私はまだまだ初心者レベルでして、クラス分けではもちろん一番下のクラスでやんす〜。

 

教室では毎回色々なショットを覚えていくのですが、昨日やったのはドライブ。

 

ドライブはなんとなく雰囲気で、コートの床と並行にシャトルを行き来させるやり方、と思ってたのよね。

 

ラケットの面は当然正面を向けて球がまっすぐ飛ぶようにラケットを前に出して打つ、のだと思っていたわけですわ。

 

ところが、ところが〜。
それがまったく違う、ということがわかったのですよ〜。

 

まあ、ドライブは確かに相手コートにびしっとストレートな返球をするのはするのですが、ラケットの持ち方自体からして、私は間違っていた!

 

私、コーチの言うことを、すぐ忘れてしまうのを特技としているので、忘れないためにもここに記録しておくわよ。

 

 

まず、グリップの持ち方は、ぜったいにイースタングリップ。間違てもウェスタンで持っちゃあかん〜。。
イースタンというのは、端的に言うと、縦に持つのよ。親指がラケットグリップの細いところに当たるように持つのよね。
これが、基本中の基本!

 

 

そして次に、これがかなめ、なんだけれど、打つときには、ラケットを持っている腕をヒラく!ヒラくっていうのは、肘(ひじ)と脇の間を空けるというイメージかな。

 

そして、その空けた状態から、肩から肘までを動かさず 肘から手首までを上から下に動かして打つ

 

打つときは下に向けて、シャトルをラケットの上でかぶせるイメージで、そして自分の前で打つ!

 

これで相手コートにびしっと鋭いドライブが入る。これホントよ〜。

 

こうすれば、たとえ白帯(はくたい)の下からドライブを打っても、ちゃんと相手コートに入るんだよね〜。
コーチが見本を見せてくれたけど、本当にちゃんと入るのよ〜。

 

 

もうひとつ、打つときは絶対に焦らない

 

私は高い球でも無理してドライブを打とうとしていたけれど、自分のところに球が来るまで待ってから打て、と言われてそれをやったら、ちゃんといい球が返せるわけよ。

 

さらにもうひとつだけ。遠い球は、自分が近づいて打つのではなく、遠い状態でラケットを思い切り出して打っても十分届きますよ。たいていの初心者はなるべく球にちかづくことを主眼としているけれど、そうではなくてラケットを運んでみてね〜。

 

それとこれが最後、あともうひとつ。
私の悪い癖は、以前テニスをやっていたこともあって、玉が真正面に来たらどうしても体を横によけて打つ癖があるみたい。
これがバドミントンだとダメなのよね。

 

真正面に来たら顔の前にラケットを持ってきて打てばいいわけよね。体をよけちゃだめ〜。

 

ドライブの練習などを写している動画ってすごく多いんだけれど、私が観た中では、これが一番イメージ的にはいいかな、と思うんだよね。でも動画としては声も聞こえずらく、画像も縦横にぶれたりいていてすごく観ずらいから、見ずらさは2分3秒の間だけ我慢我慢。
言っていることはすごく大切なことだから。

 

私レベルの初心者でも理解できて、すぐに実行できる内容だよ〜。ちょっと観てみてね。。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

シャトルがもったいないので、修理してみたんです。
1本だけ羽根が折れちゃって、でもまだまだ使えるすごくもったいないシャトル。どうにかならないかな、と思ってずっと取ってありました。で、思い切って本日、シャトルの修理をしてみたのです。
第一回横浜シニアバドミントン大会に行ってみた
横浜シニアバドミントン大会が開催されました。2017年2月24,25日の二日間開催です。初日がダブルス、2日目はミックスダブルスです。年齢は40歳から5歳刻みに75歳まで。
スコアシートを初めて書いてみた
バドミントンの試合に必ず登場するスコアシート バドミントン教室でシートの書き方を教えてもらいました。
全日本総合バドミントン大会に行ってみた(これから行く方へアドバイス)
毎年11-12月にかけて一週間行われる、バドミントン?の日本一を決める大会が、全日本総合バドミントン選手権大会です。2016年は代々木体育館で開催されています。これに行ってきました。
超お勧め!【負ける人は無駄な練習をする】
とにかく何でもチャレンジ。バドミントンを自分なりに研究する中で皆にシェアしたいこと!
ヨネックスオープン2016 早川遠藤が負けた本当の理由
ヨネックスオープン(2016年9月19〜25日)は、リオオリンピック直後の大型試合。トップ選手がずらり。オリンピック選手もたくさん来日していて、もう昂奮!日本人も大活躍したバドミントン選手がほぼ全員出場していて、東京体育館もすごい人でした。
バド読んでみた!バドミントンボディ革命
バドミントン用の本の中でもこの本【バドミントンボディ革命】、これ、すごく役に立ちます。基本事項から悩み別まで、本当にわかりやすい。何より書いた人が理学療法士ということで信頼度が高いです。
勝つイメージを持続するためにやってみた
少し打てるようになり試合に勝つことができるようになると、その感触をずっと持っていたい、と思うようになります。勝つイメージを持ちづけたい時はどうしたら
ワンコインレッスンやってみた
噂のワンコインレッスン、どんなことをやっているのか、具体的にご紹介します。参加する前の参考にしてみてくださいね。
ミスボンさんのテレビ 再度観てみた
ミスボンシデクさんが東京都の大森第二中学で一週間のバドミントン男子部員を指導した様子のテレビ、もう一度新しい発見がないか、再度観てみました。
高橋、松友選手の真似
世界No.1のバドミントン女子ペア、高橋、松友選手。しょっちゅう動画で彼女たちの試合風景などを観ているうちに、真似したくなりました。
オリジナル得点表を作ってみた!
自主練の時のゲーム、口頭で数えると間違えちゃったりするので、簡易得点表を作ってみました
西東京総合体育館に行ってみた
体育館に行ってみた、大会に行ってみた、などバドミントン関連の【行ってみた】シリーズ