勝つイメージを持続するためにやってみた

勝つイメージを持続するためにやったこと

夜のレッスンに行ってきました。
三ゲームやることができました。女子ダブルスひとつ、ミックスダブルスふたつ。

 

先週教室で習ったローテーションをとても意識してゲームに臨みました。

 

パートナーが相手コートに高く打ち返したら、すかさずサイドバイサイド、相手チームがロビングかクリアを打ってきたら、すかさずトッパン(トップアンドバック)の形を作ります。

 

男性が入るミックスダブルスだと、女子ダブルスと違ってゲームのテンポがものすごく早くなるので、クリアの打ち合いになると、もう忙しい忙しい。

 

中央に戻った時に、パ―トナーがクリアを打てば、すぐに移動。相手がスマッシュを打ってくれればすかさずサイドバイシドの状態からレシーブを打つのですが、相手もクリアで帰してきたら中央からトッパンで前衛に入り、パートナーがまたクリアで相手チームにシャトルを戻したら、またすぐにサイドバイサイドに。
これをもう何度も何度も繰り返し、しまいにはシャトルを一度も打ってないのに、ぐったり〜。

 

しかも今回対戦した2組とも、実力が同じぐらいだったのでシーソーゲームでした。

 

でもローテーションのやり方を覚えたおかげで、前にあまい球がきたら、すかさずプッシュで押しこむことができるようになりました。

 

これは大進歩。

 

そのおかげで、全ゲーム勝つことができたのです。

 

これは私の中では快挙でした。

 

なんせ、昨年の夏からバドミントンをやりはじめて、全ゲーム勝ったことって今回が初めてだったからです。

 

もう帰宅時は興奮しちゃって、大変です。

 

心の中では、「やった〜。」 「やった〜。」 「興奮する〜」 「この、勝ったといういいイメージを持ち続けたい!」「これで私も一皮むけた」「また階段を一つ昇った」などと、叫んでいました。

 

勝ったといういいイメージを持ち続けたい、この勝った時の興奮した気持ちを脳に叩き込んでおきたい。と強く思いました。

 

そこでまずやったことは、翌日時間を見つけて、わずかな時間でしたが(およそ20分ぐらい)、一人でもくもくと自主練。

 

シャトルもラケットも持たず、軽くジョギングして空地に行き、そこでスマッシュとヘアピンを交互に行います。もちろんエアラケットです。

 

そしてゲームの時の、うまくいった状態を思い出しながらひたすら練習。

 

自宅に戻って、空いている時間に、高橋、松友の、ローテーションがよーくわかる、試合の時の動画を閲覧。

 

そして自分を高橋選手または松友選手だと思ってゲームをしている時の状態をひたすら思い出して一緒に試合を戦います。

 

今回、そのローテーションの勉強にもなった、イメージトレーニング用に使用した動画がこちらの試合です。
2015年度のバドミントン全日本総合選手権大会の試合。高橋・松友選手対松尾・内藤選手の準決勝の試合です。

 

動画の質も良くて鮮明で、すごくよかったです。

 

56分という、わりと長い試合です。 解説がオグシオの小椋さんです。
彼女は喋り方(声のトーンなど)は、潮田さんと比較してしまうと聞きずらいのですが、すごく的確なコメントですし、なにより選手の気持ちをよくわかっている解説をしてくれるので、参考になります。

 

ローテーションの勉強のつもりで閲覧すると、すごく参考になります。

 

そんなことをして二日間を過ごしました。

 

本日は友人たちと体育館で自主練です。このイメージを持ち続けて上手に自主練できるかな?

 

上級目指してがんばるぞ〜。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

シャトルがもったいないので、修理してみたんです。
1本だけ羽根が折れちゃって、でもまだまだ使えるすごくもったいないシャトル。どうにかならないかな、と思ってずっと取ってありました。で、思い切って本日、シャトルの修理をしてみたのです。
第一回横浜シニアバドミントン大会に行ってみた
横浜シニアバドミントン大会が開催されました。2017年2月24,25日の二日間開催です。初日がダブルス、2日目はミックスダブルスです。年齢は40歳から5歳刻みに75歳まで。
スコアシートを初めて書いてみた
バドミントンの試合に必ず登場するスコアシート バドミントン教室でシートの書き方を教えてもらいました。
全日本総合バドミントン大会に行ってみた(これから行く方へアドバイス)
毎年11-12月にかけて一週間行われる、バドミントン?の日本一を決める大会が、全日本総合バドミントン選手権大会です。2016年は代々木体育館で開催されています。これに行ってきました。
超お勧め!【負ける人は無駄な練習をする】
とにかく何でもチャレンジ。バドミントンを自分なりに研究する中で皆にシェアしたいこと!
ヨネックスオープン2016 早川遠藤が負けた本当の理由
ヨネックスオープン(2016年9月19〜25日)は、リオオリンピック直後の大型試合。トップ選手がずらり。オリンピック選手もたくさん来日していて、もう昂奮!日本人も大活躍したバドミントン選手がほぼ全員出場していて、東京体育館もすごい人でした。
バド読んでみた!バドミントンボディ革命
バドミントン用の本の中でもこの本【バドミントンボディ革命】、これ、すごく役に立ちます。基本事項から悩み別まで、本当にわかりやすい。何より書いた人が理学療法士ということで信頼度が高いです。
ワンコインレッスンやってみた
噂のワンコインレッスン、どんなことをやっているのか、具体的にご紹介します。参加する前の参考にしてみてくださいね。
ミスボンさんのテレビ 再度観てみた
ミスボンシデクさんが東京都の大森第二中学で一週間のバドミントン男子部員を指導した様子のテレビ、もう一度新しい発見がないか、再度観てみました。
高橋、松友選手の真似
世界No.1のバドミントン女子ペア、高橋、松友選手。しょっちゅう動画で彼女たちの試合風景などを観ているうちに、真似したくなりました。
オリジナル得点表を作ってみた!
自主練の時のゲーム、口頭で数えると間違えちゃったりするので、簡易得点表を作ってみました
動画を参考にチャイナステップをやってみた
チャイナステップを動画を参考にして実際にやってみました。
西東京総合体育館に行ってみた
体育館に行ってみた、大会に行ってみた、などバドミントン関連の【行ってみた】シリーズ