わずか5分でへろへろ、超簡単体幹トレーニング

わずか5分の、超効果的な体幹トレーニング

夏になりました。7-8月は基礎トレーニングをもっと取り入れようと思いまして、まずはランニングを毎日続けることにしました。
といっても、昨日と一昨日はサボってしまって、早速3日坊主の兆しが。いえいえ、本日は走りましたよ〜。

 

さて、もうひとつのトレーニング、それは体幹トレーニングです。

 

初級から早く抜け出して、上級にいっきにいくためにはこのトレーニングは絶対に必要だと思っています。

 

おそらくバドミントン教室の初級レベルの人たちは体幹トレーニングがどれだけ大事か実感に乏しいと思います。

 

でも、上級の初級者になると、(私のこと)、基礎トレーニングの中でも特に、体幹トレーニングの重要性を痛いほどよくわかっています。

 

クリアにしてもロビングにしても、ドロップにしても、練習と同じようにゲームでも試合でも打てるためには体幹がしっかりしていることが大切。どんな球が来ても確実に良い返球をするためには体幹が基本です。

 

そこで、こんなトレーニングをはじめました。

 

この体幹トレーニングは誰でも、いつでも、どこでも簡単に行うことができます。道具も必要ありません。

 

何より良いのは、ほんの短時間(5分)で、とても高い効果を得られるということ。

 

そのやり方をご紹介します。

 

 

まずは腕立て伏せをやる恰好をします。

 

次に、肘をついて前腕を前に出します。

 

その状態で1分間キープ。 ただそれだけのシンプルなトレーニングです。

 

バドミントン 体幹トレーニング

 

でもこれがすごくキツいのよ〜〜〜。

 

やってみて、わかるから。

 

1分近くになると、お腹や腕のあたりがプルプルしちゃって、油断していると、ペタっと床にへたってしまいます。

 

1分たったら30秒休憩。そしてまた1分キープ。これを5回行ってちょうど5分間。

 

わずか5分のトレーニングなのに(正確には休憩を含めて全部で7分)、ものすごく体幹が鍛えられます。

 

初日に5分やった私は、翌日腕とお腹が痛くて痛くてびっくりしました。たった5分やっただけなのに。

 

でもこれなら自宅でもできるし、思い立った時に7分だけ時間があれば5回のトレーニングができます。

 

私の目標は、1回につき1分半を10回やること。

 

実はこれって、先日見た社交ダンスのトップ選手のご夫妻が、毎日行っている体幹トレーニングのひとつなのです。

 

彼らは曲の長さに合わせて1分半を10回行っているそうなので、私もそれを目標にしています。

 

でも今回やってわかったけど、1分だけでも相当キツイんです。
皆様も、もしこれを取り入れる人がいたら、最初から気負わないで自分の体力に合わせてできるところから始めてください。

 

30秒を2回やるだけでも、十分にきついと思います。

 

健闘を祈る!

 

みんなで上級目指してがんばろう〜!!!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

バド上達のために、これならジョギングを続けられそう
先日マラソン大会が終わってすっかり気が抜けてしまったのですが、今日はアプリのおかげで走ることができました。これすっごくいいです。
上級者が教えてくれた、スタミナ持続のための栄養
練習時に隣の上級者と、スタミナ持続や筋肉についての話をしました。彼は、スタミナを持続させるためにもっとも必要な栄養素、それは鉄、だと言います。その鉄分、鉄瓶がもっとも有効なのです。
塩熱サプリがいい!
練習中に友人からもらった塩熱サプリ、これが意外に美味しくて気に入りました!
スポーツ選手のための食事のレシピ本
小学生から大人まで、どの世代でも使用できる、スポーツ選手に特化したレシピ本みっけ。結構重宝しています。
足がつった時の食事改善法
運動選手はけっこう足がつります。その理由と、それに対してどんな食事をすればいいのか、お伝えします。
【目的別食事法】筋力をつけて高く遠くに飛ばす
筋力kを付けるために、食事からもアプローチすることができることを知りましたので、皆様とシェアしたいと思います。
【目的別食事法】動体視力を高めてシャトルをとらえる
動体視力を高めるための食事法とはどういうものでしょうか?どんなものを食べれば動体視力が鍛えられるのでしょうか?