バトミントンエチケット

バドミントンエチケット

バドミントンを始めたころは、何が何だかまったくわからないので、当然見えないルールのようなものが存在することさえもわかりませんでした。

 

でもどんなスポーツでもそうですが、必ず見えないルールが存在するのです。
私自身もそれを知らなくて赤っ恥を書き続けておりますが、現時点でわかっているものをこちらに記載しておきますね。

 

なお、もしかしたら地域によって、あるいは国によってこういったルールが違っている可能性もありますので、参考程度にとどめておいてくださいませ。
こちらに記載しているのは、私が住んでいる地域(関東地域)のものです。

 

1.ゲーム時、自分のミスでシャトルが自分たちのコートそばやネットそばに落ちてしまった場合は、必ず自分でシャトルを拾いに行くこと。

 

これって当たり前のように思いますがなかなかできないのです。
もちろん自分のコート内に落ちてしまったシャトルは拾いますが、シャトルが相手コートと自分のコートの中間ぐらい(ネットぎわ)に落ちてしまったり、コート外でも自分のコートそばに落ちた場合、相手の前衛の近いところに落ちた場合などは相手が取ってしまう場合も多いですね。

 

また、私がよくやることなのですが、自分のミスでシャトルが落ちてしまった時、キャーとか、ワーとか叫んでしまって、すぐにシャトルを返さない時もあります。
自分だけが興奮してしまって、次のゲームのことを考えていないんですね。
こういう時、すかさずコーチから、「シャトル、拾いなさい!!!(# ゚Д゚)」と怒号が飛びます。オーこわ!

 

 

2.サービスで相手コートにシャトルを返す時、必ず次にサービスをする人に返す

 

これも初心者はできていない場合が多いです!
私もできていなくて何度怒られたことか(´;ω;`)

 

初心者の場合、次のサービスのために相手コートにシャトルを返す場合、シャトルはとにかくただ相手コートに返せばいいと思っている人が多いんです。
だから、とんでもないところ(人がいないところ)に返したり、返しても、次にサービスを打たない人に向かって返したり。

 

上級者は全然違います。ちゃんと次にサービスをする人めがけてシャトルを返していますよね。
初心者は相手コートのサービスの順番まで把握しているほど余裕がない、とは思いますが、できれば次にサービスを打つ人を意識しながらゲームをしたいですね。
これ、見えないエチケットです。

 

3.シャトルを返す時は、ネットの下ではなく、上から返す

 

2番に関連した、返し方のエチケット。
近いから、とか上から返すのが面倒だから、という理由で、シャトルをネットの下からエイヤっと返す人がいますが、これもエチケットとしてはどうかな。
上級者は、必ず、どんなに近くても、いったんシャトルをすくってから、ネットの上から返していませんか?

 

これも見えないエチケットよね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

バドミントングリップテープの種類と特徴、お勧めのグリップテープ
本日は雨が降っていたので非常に湿度が高い日でした。黙っていても汗がたらたら出てきてしまって、手もぐっしょり。そんな中でバドミントンをやっていたら、あ〜れ〜。ラケットが汗ですっぽ抜けた〜
ガットってどうやって張るの?自分でも張れるの?
バドミントンのガッド、ショップに出す人がほとんどだと思いますが、自分でも張れます、とはいっても私自身やったことがないので、動画で色々見てみたらすごく興味深い動画を発見しましたので、シェアしますね。
バドミントン7つの道具
バドミントンをする時絶対持っていくべき7つ道具である7つの神器をご紹介
怪我を早く回復させる食事の工夫
バドミントンでまさかの、怪我をしたとき、知っておくと役立つかもしれないことを学んだので、お伝えします。
バドミントンの食事で気を付けるべきこと
特にバドミントンは瞬発力が重要。そのための食事はどのようなことに気を付けたらよいのでしょうか?
【きっと役立つ】ヨネックスオープン観戦の仕方(東京体育館)
2016年のヨネックスオープンに行ってきた経験から、これから行く人への簡単アドバイスをさせていただきます。知っておいて得する情報〜
【バドミントン観戦ガイド】
日本リーグ、日本総合などのバドミントンの最高峰の戦い、観戦をするために知っておくと得すること
2016トマス杯、ユーバー杯開催中
2016年とマス杯、ユーバー杯が中国で開催されています。日本人の活躍はどうなっているのでしょうか?
【バドミントン大会(国内外)の種類と内容】
バドミントンの国内、国際大会の種類と内容
【女性】スポーツ後のお手入れ
スポーツをする女性の方限定で肌のお手入れ、体のケアに最適な製品をご紹介します。
怪我をしないために気を付けたいこと
怪我をせずにバドミントンを楽しむためのチップス
シャトル購入時の基礎知識!
シャトルとは シャトルの語源とは、シャトルの重さや大きさとは、シャトルに張ってある数字とは?どんなシャトルを購入する
バドミントンの語源
バドミントンの由来、バドミントンも発祥について
バドミントンの盛んな国って?
バドミントンが盛んな国はどこでしょうか?
バドミントン7種の神器
バドミントンをする時絶対持っていくべき7つ道具である7つの神器をご紹介