ガットってどうやって張るの?自分でも張れるの?

バドミントンのガットってどうやって張るの?自分でもできるの?

バドミントンのガッド、結構頻繁に張り替えるようになりました。

 

初心者の頃は一週間に一回、2時間程度しかやらなかったので、緩んだら1回だけ。切ることも全然なし。

 

ところが週に3-5回やり始めてからは数か月い1回は張り替えています。この間もガットが切れてしまって張り替えたばかり。

 

それプラス、うちには中学のバド部の息子もいるので、そりゃもう頻繁に張り替えています。部活は土日も行く祭日も普通の日も毎日やってますからね。
試合前には張り替えるし、うちの子はよりにもよって、テンション高めで、しかもガットが細目。最悪よ。この間は2本一ぺんに切れちゃって〜。ぶー。

 

ガット張りって時々自宅でやっている人がいるのですが、いったいどうやって張っているのか、どのぐらいの費用がかかるのか、興味があって調べてみました。

 

ガットの機は本当にピンキリで、高いのは100万円単位、安いものは数万円で購入できます。

 

私も愛用いているラケットバックの製造元、頑張らないバドミントン研究会でもガット張り機を販売していることがわかりました。

 

これこれ。

 

価格は税抜きで62000円。安いほうだと思います。

 

果たして性能はどうなんだろう。気になる。
ガッド張りをやっているところを動画にしているものはたくさんあるのですが、説明もないし、あってもよくわかりません。

 

そんな中で、これはすごいぞ、という動画を見つけてしまいました。

 

choko nyankoさんという人が2本の動画を公開しているのですが、これがすごいんです。

 

 

この動画、すごく丁寧に説明してくれています。
説明もわかりやすいし、注意点も細かく言ってくれているので、この動画を見ながらなら、なんとか自分でもできるかも、って思いました。

 

しかも、彼が使用しているガット張り機は、頑張らないバドミントン研究会の製品じゃないですか〜。
なんと偶然。
彼も動画の中で語っていましたが、私たちレベルのバドミントン愛好家が自宅で自分で張る分には、性能的には十分だと思います。上には上があるし、本当に精密なテンションを求めるなら、ショップにあるウン百万の機械でやったほうがいいです。時間も節約できます。
そうでないなら、6万円の機械でも申し分なし。

 

2本目の動画は、1本目の動画の応用編。2本張りのガットが張れるようになったら、こんな応用もできますっていう紹介。

 

これを見て、あ、そうか、自分でガットが張れるようになれば、こんなこともできちゃうんだ、と思いました。
だって、二色張りとか、四色張りとかもできちゃうんですよ。
これは、ショップでは絶対にやってくれません。

 

しかも、その張り方のノウハウは彼が独自で生みだしたもの。完全オリジナルで、その張り方をものすごーく丁寧に、私たちに全部提供してくれています。
これを全部閲覧したと、ガット張り機がほしいかも、と思い始めてしまいました。

 

だって、少し練習すれば自分でも、この四色張りができそうなんだもの。ちょっと起用な人ならすぐにできちゃいそうです。

 

うちの場合は私と中学三年の息子がやっているし、彼は高校になってからもバドミントン部に入りたいって言っているので、今後あと3年以上はやるし、私も、あと3年はやってるだろうな、と思っているので、そう考えると6万円で購入して自分たちでガット張りを楽しんでもいいんじゃない?なんて思ってしまう。

 

ただし、張る時間は慣れていない間は一時間以上かかりそう。慣れてきたら多分30分程度だと思います。

 

明日までに絶対ガット張らなくちゃ、という緊急性の高い時ほど、お店の定休日だった、なんてことがついこの間もあって、その時はえらく遠いショップまで行った経験もあります。
でも自宅でできるならその必要もないしなあ。

 

それにしても、機械購入に興味がない人でも、ガットがどのように張られているのか知るためにも、この動画はすごく役立ちますよ。choko nyankoさん、ありがとう〜。

 

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村→このブログのランキングを確認してみる、バドミントンの他のブログも見てみる

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

バドミントングリップテープの種類と特徴、お勧めのグリップテープ
本日は雨が降っていたので非常に湿度が高い日でした。黙っていても汗がたらたら出てきてしまって、手もぐっしょり。そんな中でバドミントンをやっていたら、あ〜れ〜。ラケットが汗ですっぽ抜けた〜
バドミントン7つの道具
バドミントンをする時絶対持っていくべき7つ道具である7つの神器をご紹介
怪我を早く回復させる食事の工夫
バドミントンでまさかの、怪我をしたとき、知っておくと役立つかもしれないことを学んだので、お伝えします。
バドミントンの食事で気を付けるべきこと
特にバドミントンは瞬発力が重要。そのための食事はどのようなことに気を付けたらよいのでしょうか?
【きっと役立つ】ヨネックスオープン観戦の仕方(東京体育館)
2016年のヨネックスオープンに行ってきた経験から、これから行く人への簡単アドバイスをさせていただきます。知っておいて得する情報〜
【バドミントン観戦ガイド】
日本リーグ、日本総合などのバドミントンの最高峰の戦い、観戦をするために知っておくと得すること
2016トマス杯、ユーバー杯開催中
2016年とマス杯、ユーバー杯が中国で開催されています。日本人の活躍はどうなっているのでしょうか?
【バドミントン大会(国内外)の種類と内容】
バドミントンの国内、国際大会の種類と内容
【初心者必読!】バトミントンエチケット
バトミントンを気持ちよく行うために、見えないエチケットが色々と存在しますよ。ぜひエチケットを守ってお互い気持ちよくバドミントンを楽しみましょう。
【女性】スポーツ後のお手入れ
スポーツをする女性の方限定で肌のお手入れ、体のケアに最適な製品をご紹介します。
怪我をしないために気を付けたいこと
怪我をせずにバドミントンを楽しむためのチップス
シャトル購入時の基礎知識!
シャトルとは シャトルの語源とは、シャトルの重さや大きさとは、シャトルに張ってある数字とは?どんなシャトルを購入する
バドミントンの語源
バドミントンの由来、バドミントンも発祥について
バドミントンの盛んな国って?
バドミントンが盛んな国はどこでしょうか?
バドミントン7種の神器
バドミントンをする時絶対持っていくべき7つ道具である7つの神器をご紹介