【素早くシャトルに追いつきたい】

【素早くシャトルに追いつきたい】フットワークのコツ動画

素早くシャトルに追いつくだけでなく、スマッシュを力強く打てたり、高いロビングを奥まで上げられたり、遠くのシャトルを拾えたり、クリアをいい状態で奥まで遠くに飛ばせたり、と、あらゆるシチュエーションに対応することができます。

 

それは何と言ってもフットワーク。

 

これが鍵、なのです。

 

そこでとってもいい動画を見つけました。

 

フットワークの基本の足の運び方がわかる動画です。

 

それがこちら。

 

この動画では四点フット―ワークといって、フォア前、フォア後ろ、バック前、バック後ろの順でトレーニングを行っています。。

 

フォア前は、右足からスタートし、右足、左足、右足の三歩で移動、フォア後ろも、右足、左足、右足で三歩で移動。

 

バック前は、右足、左足、右足でやはり三歩、バック後ろは、これが一番難しいのですが、左足からスタート、左足、右足、左足、右足の四歩となります。

 

このバックへの両サイドの移動の場合、フォア側への三歩目の足の位置、バック側への四歩目の足の位置は、ちょうどバックバウンダリーラインとロングサービスラインの中間となります。

 

この練習を続けていくと、最初はとっても難しいのですが、次第に自分のものにすることができると思います。私も一生懸命練習している最中です。
がんばろう〜。お〜。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村→このブログへの応援をお願いします。励みになります。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

【スマッシュレシーブを奥に高く飛ばしたい】
スマッシュレシーブがなかなかうまくいかない方へ。そもそもラケットの持ち方から改善しなくてはいけないのです。ふつうに持っていても飛ばないのです。
【プッシュレシーブがうまくいかない】
プッシュレシーブは初心者は全然入りません。初中級ぐらいになるとようやく相手に返せるようになります。このあたりから、球が浮いてしまったり、ネットに引っかかったり、球が詰まってしまったり、いろいろな悩みが出てきます。ですが、プッシュレシーブのコツはふたつ。これを守ればかなりうまく相手に返すことができるようになります。
サービスをきちんと相手コートに入れるコツ
サービスがなかなか入らなくて困っていたところ、コーチが見るに見かねて、直々にコツを教えてくれました。そうしたらすぐに改善。すごいです。いくつかポイントがありますので、こちらにまとめておきます。
【スマッシュが強く打てない】
スマッシュは初心者でもとりあえず打つことができるのですが、強く打ったつもりでも、相手には簡単に取れてしまうへなへな球になることが多いのです。力強いスマッシュを打つためにはどうしたらよいのでしょうか。
【ロビングが深く高くあがらない】
ロビングを奥に深く返す時はどうしたらいいのか、そのコツをコーチから伺いました。
【クリアが飛ばない】
クリアが遠くに飛ばない、奥まで行かない、高く飛ばない、と悩んでいる方にはこの動画は必見。
プッシュがネットにひっかかる
プッシュをする時、だいたいネットにひっかけてしまう。これをどう解消しましょうか?