プッシュがネットにひっかかる

悩み解決!【プッシュがネットにひっかかる】

汗をかいてお水を飲むときに、安心で安全で本当に美味しい体に良い水を選択したいと思ったらこちらをお勧めします。

オアフ島の水

 

プッシュとレシーブの練習はアップの時もよくやるのですが、練習の時は結構スイスイ相手コートに入ります。

 

ところがです。

 

いざゲームとなると、これがなかなか決まらない。

 

タイミングが悪くて、せっかくのチャンスボールをプッシュしたら、ネットにひっかかっちゃった、なんて経験ありませんか?

 

 

私はもうしょっちゅう。

 

プッシュがネットにひっかかる

 

なんでこんな簡単な球をネットにひっかけてしまうの?バカじゃないの。私。

 

と自己嫌悪なのです。

 

なぜネットにひっかけるのか?

 

以下のことが原因の場合が多いことが最近わかってきました。

 

1. 手首に力をいれちゃう

 

手首がりきんでしまうとネットにひっかかりやすいんです。
グージャーミンさんはこう言っています。
「プッシュをする時は、和太鼓をたたくイメージをしてみてくださいね。肩甲骨の力をラケットに伝えて、シャトルを弾き返す感じ。
絶好のチャンスを決めなくちゃ、と思うとそのワンショットで思い切りたたいてしまうでしょう?プッシュはあくまでも相手をすこしずつ追い込むための一打だと思って確実につなぐこと。」

 

なるほどね。私はいつもバシっと力強く打ってしまっていました。

 

これからは相手を追い込む確実なショットを心がけます。

 

 

2. 飛び込みのタイミング、大丈夫かな?

 

プッシュはどちらかというと、飛び込みながら打つショットですよね。
この飛び込みのタイミングを間違えるとネットになっちゃう。

 

大きく一歩を踏み出すのではなく、小さなステップで飛び込むのが肝心なんです。

 

私はいつも大きく踏み出してプッシュしていました。小さく小さく。小さなステップで踏み込むこと。これ大切。

 

3.シャトルを打つタイミング、遅くない?

 

プッシュは相手の打った球の力を利用して打ち返すもの。

 

だから、相手の球が一番高く上がったところで打ち返すのがいいのだけれど、自分のコートに入ってきて少し低くなったところで打ってないかな?

 

ネットを超えた一番高いところでプッシュする。これがベストタイミングなんですよね。

 

このタイミング、すこしずれちゃう時はだいたいネットしちゃってます。

 

 

以上、3つのことを肝に命じて練習してみようっと。

 

手首に力を入れすぎない、小さなステップ、そしてシャトルが高いところで打つ。

 

上級目指してがんばるぞ〜。

 

-----------
もしラケットがほしくなったらこちらのサイトが参考になります。
ゆっきーのラケットの選び方ガイド

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村他の人の面白いバドミントンブログ、参考になるバドミントンブログ一杯あります。ぜひバドミントンを盛り上げよう〜。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

【素早くシャトルに追いつきたい】
スマッシュ後のロビング、クリアのベストポジション、バックに来たシャトルにフォアで回り込む、とにかくフットワークを確実にしたい、どうしたらいいのか?それがこのフットワーク練習です。
【スマッシュレシーブを奥に高く飛ばしたい】
スマッシュレシーブがなかなかうまくいかない方へ。そもそもラケットの持ち方から改善しなくてはいけないのです。ふつうに持っていても飛ばないのです。
【プッシュレシーブがうまくいかない】
プッシュレシーブは初心者は全然入りません。初中級ぐらいになるとようやく相手に返せるようになります。このあたりから、球が浮いてしまったり、ネットに引っかかったり、球が詰まってしまったり、いろいろな悩みが出てきます。ですが、プッシュレシーブのコツはふたつ。これを守ればかなりうまく相手に返すことができるようになります。
サービスをきちんと相手コートに入れるコツ
サービスがなかなか入らなくて困っていたところ、コーチが見るに見かねて、直々にコツを教えてくれました。そうしたらすぐに改善。すごいです。いくつかポイントがありますので、こちらにまとめておきます。
【スマッシュが強く打てない】
スマッシュは初心者でもとりあえず打つことができるのですが、強く打ったつもりでも、相手には簡単に取れてしまうへなへな球になることが多いのです。力強いスマッシュを打つためにはどうしたらよいのでしょうか。
【ロビングが深く高くあがらない】
ロビングを奥に深く返す時はどうしたらいいのか、そのコツをコーチから伺いました。
【クリアが飛ばない】
クリアが遠くに飛ばない、奥まで行かない、高く飛ばない、と悩んでいる方にはこの動画は必見。