【スマッシュレシーブを奥に高く飛ばしたい】

レシーブを高く奥に飛ばしたい

先日、新人コーチに思い切って直接聞いてみました。

 

どうしても、相手が強く打ってきたスマッシュを返すのが、高く奥に行きません。
練習でスマッシュとレシーブに分かれる時、あるいは1対2でアタックレシーブの練習をする時、どうしてもレシーブが低く手前に落ちてしまい、相手の練習になりません。

 

また、ゲームの時も奥に返すことができないので、すぐに打たれてします。

 

どうしたらいいのか、どうやって打てば奥に届くのか、とっても悩んでいました。

 

コーチに聞いてもちゃんとした回答をいただけるのかわかりませんでしたが、とりあえず聞いてみた、という感じです。

 

するとその新人コーチから、思わぬヒントをいただいたのです。

 

「ラケットはどのようにもっていますか?」

 

とコーチに聞かれたので、いつもの握り方を見てもらいました。

 

私はレシーブを打つ時は、いつもロビングを打つ時と同じ持ち方をしています。

 

それを見た新人コーチはこうおっしゃいました。

 

「なるほど〜。レシーブを打つ時は、まずイースタングリップで持ち、ラケットを45度時計回りに向けます。」

 

ええ、そんなことやったことなかったです。

 

そしてバック側から打つ時はその状態でサムアップで打つ、フォアから打つ時はサムアップせずに打つと良いですよ〜、ということでした。

 

さっそく翌日の自主練でそのうち方をやってみると、

 

えええっ。よく飛ぶじゃーん。

 

バドミントンレシーブ
いままでのレシーブと威力が全然違う!

 

 

ということで、レシーブで悩んでいる方はぜひその打ち方をやってみてください。

 

イースタングリップの状態で、ラケットを45度時計回りの方向に傾けるんです。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村バドミントンサイトへ飛びます。色々なブログがありますのでぜひそちらも楽しんでくださいね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

【素早くシャトルに追いつきたい】
スマッシュ後のロビング、クリアのベストポジション、バックに来たシャトルにフォアで回り込む、とにかくフットワークを確実にしたい、どうしたらいいのか?それがこのフットワーク練習です。
【プッシュレシーブがうまくいかない】
プッシュレシーブは初心者は全然入りません。初中級ぐらいになるとようやく相手に返せるようになります。このあたりから、球が浮いてしまったり、ネットに引っかかったり、球が詰まってしまったり、いろいろな悩みが出てきます。ですが、プッシュレシーブのコツはふたつ。これを守ればかなりうまく相手に返すことができるようになります。
サービスをきちんと相手コートに入れるコツ
サービスがなかなか入らなくて困っていたところ、コーチが見るに見かねて、直々にコツを教えてくれました。そうしたらすぐに改善。すごいです。いくつかポイントがありますので、こちらにまとめておきます。
【スマッシュが強く打てない】
スマッシュは初心者でもとりあえず打つことができるのですが、強く打ったつもりでも、相手には簡単に取れてしまうへなへな球になることが多いのです。力強いスマッシュを打つためにはどうしたらよいのでしょうか。
【ロビングが深く高くあがらない】
ロビングを奥に深く返す時はどうしたらいいのか、そのコツをコーチから伺いました。
【クリアが飛ばない】
クリアが遠くに飛ばない、奥まで行かない、高く飛ばない、と悩んでいる方にはこの動画は必見。
プッシュがネットにひっかかる
プッシュをする時、だいたいネットにひっかけてしまう。これをどう解消しましょうか?