【スマッシュが強く打てない】

スマッシュが打てない 力強いスマッシュをするには?

スマッシュは得点を重ねる上でとても重要な要素です。

 

初心者の時は、タイミングがうまくいかずに、ネットにひっかけてしまったりスマッシュのつもりがひっかけてしまってドロップになったり、と散々です。

 

少しうまくなってくるとネットにひっける回数は減るのですが、力強いスマッシュがなかなかうてません。
思い切り打っているつもりでも、その思い切りの力がうまくラケットに伝わっていないのです。

 

こんなに力強く打っているのにいったいなぜ?

 

バドミントン教室中級でスマッシュの練習をしたとき、ようやくその理由がわかりました。

 

それは、体のひねりを全然無視していたからだったのです。

 

私も含めてスマッシュが下手な人は、必ず体が正面を向いてしまっています。
正面から来た球を、ネットに対して正面に体を向けて打っているのです。

 

ところが上手な人は全然違う。

 

打つ時は、利き足を後ろに引き、腰をひねってから、腰の戻りの反動で打っているのです。

 

だから、ネットに対して半ひねりの体制でスマッシュを打っているのです。

 

 

ここが大きな違い。

 

そうか〜。

 

言われて初めてわかりました。

 

シドニーオリンピック選手だった井川里美さんの、約6分間の、スマッシュの打ち方のコツのビデオを見つけました。
こちらを見ていただくと、より深く理解することができます。

 

また、練習の仕方についても教えてくれています。スマッシュを確実に速く打ちたい方は必見ビデオですよ。


 

スマッシュを打つ時は、利き足を後ろに引き、カラダを真横に向けて、カラダが元に戻ろうとする反動でバシっと打つ!

 

さあ、練習練習。

 

上級目指してがんばるぞ〜。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村こちらをクリックすると、バドミントンぶろぐがたくさんお読みいただけます。最新情報も盛りだくさん。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ にほんブログ村このブログのランキングを確認してみる!にほんブログ村バナーをクリックしていただくと、バドミントンの裾野を広げるチャンス。たくさんの人にバドミントンの楽しさを伝えられます。同時に他のバドミントンブログが集結しているページへ飛びます。

関連ページ

【素早くシャトルに追いつきたい】
スマッシュ後のロビング、クリアのベストポジション、バックに来たシャトルにフォアで回り込む、とにかくフットワークを確実にしたい、どうしたらいいのか?それがこのフットワーク練習です。
【スマッシュレシーブを奥に高く飛ばしたい】
スマッシュレシーブがなかなかうまくいかない方へ。そもそもラケットの持ち方から改善しなくてはいけないのです。ふつうに持っていても飛ばないのです。
【プッシュレシーブがうまくいかない】
プッシュレシーブは初心者は全然入りません。初中級ぐらいになるとようやく相手に返せるようになります。このあたりから、球が浮いてしまったり、ネットに引っかかったり、球が詰まってしまったり、いろいろな悩みが出てきます。ですが、プッシュレシーブのコツはふたつ。これを守ればかなりうまく相手に返すことができるようになります。
サービスをきちんと相手コートに入れるコツ
サービスがなかなか入らなくて困っていたところ、コーチが見るに見かねて、直々にコツを教えてくれました。そうしたらすぐに改善。すごいです。いくつかポイントがありますので、こちらにまとめておきます。
【ロビングが深く高くあがらない】
ロビングを奥に深く返す時はどうしたらいいのか、そのコツをコーチから伺いました。
【クリアが飛ばない】
クリアが遠くに飛ばない、奥まで行かない、高く飛ばない、と悩んでいる方にはこの動画は必見。
プッシュがネットにひっかかる
プッシュをする時、だいたいネットにひっかけてしまう。これをどう解消しましょうか?